占いを学ぶ、占い師になる、占いを人生に活かすなら、東京・恵比寿にある占い学校 アカデメイア・カレッジへ

最新講座OPEN!

お仕事させていただきます!

インターネットラジオに出演

学校風景在校生・修了生の声占術紹介受付販売商品認定ライセンス制度占いのお仕事占い師一覧メディア・イベント出演実績過去の講座実績


講師紹介



講師はそれぞれ専門分野の研究実績と豊富な経験を持った、現役の占術家や研究家です。
授業では、心の悩みを扱うカウンセリングや占いの現場から得られた「生きた知識や技術」が修得できます。

学校長 森信 彰雄    もりのぶ あきお
1965年生まれ。高校時代よりプロの占術家を志し、東京外国語大学在学中にプロとして
デビューする。渋谷産経学園をはじめ講義指導歴は20年以上。
アカデメイア・カレッジ学校長並びにアカデメイアの代表取締役を兼任し、
西洋占術主任講師として西洋占星術、タロット・カード、実占演習その他の講座を担当。
論理的な解説と丁寧でわかりやすい説明を兼ね備えた講義を展開している。
専任講師

赤見(あかみ)淑子 【マダム・呼々(ココ)】 あかみ・よしこ
マダム・呼々 アカデメイア・カレッジ専任講師。共立女子大で生活美術を専攻。その後、コスメや薬剤業界にて勤務の傍ら、独学や研究会で占いの技術を習得。また、密教系の僧院にて10年間の修行経験もある。専門は「紫微斗数」「飛星三元九星」「菩薩真命術」「エンジェルガイダンスボード」「紫微タロット」「失せ物占い」「シーターヒーリング」。一般社団法人 山の手充実生活支援協会・代表理事。占いの鑑定結果を夢や願いの現実化につなげる活動をしています。 スマホアプリ『菩薩真命術』紹介ページアドレス。
http://delphicoco.blog9.fc2.com/blog-entry-339.html
関口 シュン   せきぐち・しゅん
関口 シュン 西洋占星術研究家。漫画家。
雑誌、インターネット等での執筆活動、 その他占い関係のプロデュースなど多方面で活躍中。また占星術をコミュニケーションと人間探究の道具として楽しんでもらうことをテーマに、後進の指導、育成に努めている。多くの著書、作品の中で、星に関連した絵本『星空の話』(福音館書店)が好評を博している。
また、2005年7月に『恋に負けない女の法則』(祥伝社)を刊行。
澤田 昌征   さわだ・しょうせい
澤田 昌征 1967年生まれ。
10代後半より古今の精神文化を学びつつ、占術においては四柱推命や紫微斗数などの運命学を中心に研究を重ねる。1999年にアカデメイア・カレッジに入学し、多くの講師より指導を受け、プロの占術家となる。その後は鑑定等を行なう一方、世界の聖地を旅し、運命の調和と自己の調和は一体であると考えるようになる。
狩野 みどり (樋口瞳子)   かりの・みどり
狩野 みどり (樋口瞳子) 1971年生まれ。日本大学芸術学部卒業。幼少の頃から夢や神秘の世界と親しみ、自然な流れで占いを学び始める。
2003年よりタロット・カードの講師としての活動を開始。現在は対面鑑定、雑誌やWEB・携帯サイトなどの原稿執筆、占い講師として広く活動を行っている。
また、アカデメイア・カレッジのスタッフとして、「より魅力的な楽しい学校づくり」にも力を注いでいる。
川野 文彰  かわの・ぶんしょう
川野 勉夢 アカデメイア・カレッジ専任講師。第四期講師研修プログラム終了。東京在住。手相術を専門とする占術家。人生の節目を境に、趣味を極めたいという思いから、占術家としての道を歩み始める。これまでの実占経験から得た独自手法を現場で活用するなかで、人に伝えることの楽しさを知り、アカデメイア専任講師として、さまざまな分野に携わる人々へ、その人にしかない“魅力”を引き出す講師活動を続けている。監修本に『ツキを呼ぶ手相占い』『ツキを呼ぶ誕生日占い』(エイ出版社)、がある。
星野 海愛 (mia)   ほしの・みあ
星野 海愛 (mia) 当カレッジにて、西洋占星術やタロットカードを学び、ライセンスを取得後、研鑽を経てプロデビューに至る。 現在は、対面鑑定、イベント出演等を中心に活動の場を広げながら、実占と研究に取り組んでいる。講義の基本姿勢として、「何よりも基本に忠実で、わかりやすく具体的なレクチャー」と、「個々の世界観が広がるような想像的なレッスン」を目指している。
大木 華子 (華子)   おおき・はなこ
大木 華子 (華子) 大学卒業後、会社員生活と並行しながら数年かけて占いの知識を学び、鑑定を積み重ねてきました。やがて、占いを「一生をかけてやる仕事にしよう」と改めて決意し、現在に至ります。タロット・カード、西洋占星術のほか、方位術、東洋運命学などを元に「占いは人生を『活かす』ためのツール」として、研究、実占を進めています。主な活動は、恵比寿「占いの店デルフィー」での対面鑑定(毎週水・金・土)、企業イベント出演、アカデメイア・カレッジの専任講師、また、占いとジュエリーのコラボレーション企画や携帯サイトの監修、原稿執筆も行っています。

TOPへ
客員講師

杉浦 理恵子 (Rieko★)   すぎうら・りえこ
杉浦 理恵子 (Rieko★) 音楽インストラクターを経て、企業の人材育成業務に従事。 接客、より良い店づくりに関してのスタッフ育成研修、OJTを実践、20年のキャリアを積む。 占いとの出逢いは、高校の頃。タロットの神秘性が忘れられず、仕事をしながら本格的に勉強を開始。学びながらタロットと西洋占星術実践の武者修行も重ねる。
「学ぶことは、参加と体験!」をモットーに、一方的な講義ではなく、体感できる内容提供を目指し、日々研究を続ける。
北路 久御子 (キタミチテル)   きたみち・くみこ
北路 久御子 (キタミチテル) 幼い頃より占いや心のシクミに興味を持ち、30代半ばに偶然手にした本をきっかけに勉強を再開。乳幼児保育の世界から占いの世界へ転身を果たす。
さらに、心とつながる身体への興味から整体を学ぶ。日々の鑑定や携わってきた保育の場、整体の場を通して常に感じてきたのは「あるがままのらしさ」を発揮する人の美しさ。その美しさを知り引き出す
ツールとしての占い活用を目指し、実占と研究を重ねている。
鏡 リュウジ   かがみ・りゅうじ
鏡 リュウジ 占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。雑誌、テレビ、ラジオ、WEBなど幅広いメデイアで活躍。特に占星術、占いに対しての心理学的アプローチを日本に紹介、幅広い層から圧倒的な支持を受け、従来の「占い」のイメージを一新。英国占星術協会、英国職業占星術協会会員。日本トランスパーソナル学会理事。『占いはなぜ当たるのですか』(講談社文庫)、『魂の西洋占星術』(学研)、『ユングと占星術』など多数の著訳書をもつ。
松村 潔   まつむら・きよし
松村 潔 1953年生まれ。精神世界研究家として、1978年から研究会を主宰。グルジエフ、カルロス・カスタネダなどに親近性の高い「人間三分説論」の宇宙哲学を展開する。占星術を単なる占いとしてではなく、人間の新しい意識の地平を開くことに使用するために、従来の占星術の「読み返し」を行っている。著書は『神秘のサビアン占星術』『ハーモニクス占星術』(学研)、『未来辞典 3年後の私がわかるサビアン占星術』(角川書店)、『数の原理で読むタロットカード』(星和書店)など多数。
林 秀靜   りん・しゅうせい
林 秀靜 1973年以来、中国ト筮星相学の実践的研究に励む。専門は、「八字」「紫微斗数」「鬼谷易」「風水学」「相学(手相・人相)」「姓名判断」。現在、玉川学園岡田医院では「八字」と「中国医学」を合わせた「命証合診」を行い、最近は、TV番組TBS「ラブセン」にレギュラー出演。タレントさんのお宅の風水を見て、好評。先天体質研究と病気予防対策に関わっている。著書には『才能を活かす人、能力を殺す人』(徳間書店)、『運の善し悪しは顔で決まる!』(日本実業出版社)などがある。
いけだ 笑み   いけだ・えみ
いけだ 笑み 1968年大阪生まれ。幼い頃から占星術のサインやシンボルに強い関心を持ち、1998年からプロの占星術師としての活動を開始。100の言葉よりも1つのシンボル。シンボルが内包する情報の豊かさに目を向け、必要に応じて解読するのが占い師。しかし、シンボルから最も有効な情報を引き出せるのは相談者本人、という考えから、「自分で占える人」の育成に力を注いでいる。アメリカ留学の経験を活かした、原書研究から得る知識と技法は鮮度が高い。雑誌、WEB、携帯サイトの執筆、研究会の主宰など、活動は多岐にわたっている。
田口 清一   たぐち・せいいち
田口 清一 法政大学講師。他に翻訳・著述等。上智大学文学部哲学科及び史学科卒業。同大学院史学専攻博士後期課程単位取得修了。西洋思想史専攻。ルネサンス(イタリアを中心とする)における魔術、占星術錬金術、カバラといった神秘思想の研究を専門とする。主訳書にウォーカー『ルネサンスの魔術思想』、シューメーカー『ルネサンスのオカルト学』、共著書に『彷徨―西洋中世世界』、『新カトリック大事典』(項目執筆、研究社)等がある。
芳垣 宗久   よしがき・むねひさ
芳垣 宗久 1971年生まれ。横浜市在住。10代の頃から占いに興味を持ち、占星術やタロット、ダウジングなどを実践。 93年よりプロ占星家として活動を開始。個人鑑定、原稿執筆の他、講座や研究会の開催なども精力的に行っている。現在は9000個以上にまで増加した「名前付き小惑星」のすべてを駆使して占う「アステロイドロジー」の研究に没頭中。
中嶋 真澄   なかじま・ますみ
中嶋 真澄 心理テストに関するベストセラー作家。『面白すぎて時間を忘れる心理テスト』(三笠書房)など著書多数。anan、nonnoを始め、女性誌等でも監修・執筆も多い。スピリチュアルな自己成長を目的としたエニアグラムに基づく独自の性格研究から、東洋的な世界観に基づく『易経』の哲学に興味を持ち、日本易道学校にて周易を学ぶ。横浜中華街にて、占い鑑定の修行を積み、筮竹を用いての易占ほか、手相鑑定なども行う。無意識の深層に触れるオラクルブック『9つの神秘』(主婦の友社)刊行。
石井 ゆかり   いしい・ゆかり
石井 ゆかり インターネットで星占いサイト「筋トレ」を2000年にスタートさせ、四千万ヒットを越える人気を誇る。毎週の占い、月間占いなどを無料公開し、さらにメールや対面での個人占い活動も重ねてきた。著書に「星読み」「星栞」(幻冬舎コミックス)「12星座」(WAVE出版)など。吉凶や「気をつけるべきこと」などを占うのではなく、あくまで読者の視点に近づこうとして書かれる文体が支持されている。
↓1Dayセミナー スタッフ裏側レポート↓
*星読み「12星座と10個の星」
*石井ゆかり&関口シュンの星トーク
 「12星座の隠されたものがたり」

杉山 崇   すぎやま・たかし
杉山 崇 神奈川大学教授・臨床心理士。心理職歴20年。「ヒト」の生き様に関心を持ち、心理療法などディープな心理学を専門にする一方で、学術団体の役員や公的機関で審査員なども務める。精神科などの心理職、長野大学専任講師などを経て現職。うつ病の研究が多く業界では「うつのスギヤマ」と呼ばれている。近著は『グズほど何故か忙しい(ナガオカ文庫)』、『カウンセリングの援助と実際(北樹出版)』。学習院大学大学院D課程満退(心理学修士)。
山中 康司   やまなか・やすじ
山中 康司 1982年慶応義塾大学卒業後、アメリカ銀行に入行。トレーディング業務に従事し、1989年バイスプレジデント。1997年日興証券に移り、1999年日興シティ信託銀行為替資金部次長。2002年金融コンサルティング会社アセンダントを設立、取締役に就任。金融占星術を組み合わせた独自のマーケット分析を行い、各社にレポート配信。セミナー講師やコンサルティング等もつとめている。著書に「株の買い時売り時がズバリわかる本」、「金融占星術入門」、「投資手帳」。内外専門誌への執筆、DVD等多数。
保坂 昌利   ほさか・まさとし
保坂 昌利 1975年生まれ。学生時代より武術の世界に興味を抱き、天才・名人・達人のレベルに到達することを目指し、体術・整体・気功・呼吸法などの身体分野を追求する。しかし、その学びだけでは、どうしても読み解くことの出来なかった「運命の法則」があることに気付き、易・四柱推命・風水を中心に数多くの占術を研究、実占する道を拓くこととなる。ちなみに前職は酒屋の店長。ワインアドバイザーや利酒師などの資格も持つ。
ラクシュミー   らくしゅみー
ラクシュミー 1963年生まれ。占術実践家。公務員、OLを経て1999年より現職。日本最大の占い館、大阪ミナミの「ジュピター」にてトータル2万人以上の鑑定実績を持ち、「HanakoWest」や「ぴあ関西版」などに掲載される。自分と周囲を客観的に見つめ直す機会を持つことで、現象だけにとらわれないよりよい生活を送れるはずとの考えから個人鑑定をベースに活動している。各種ワークショップや講座なども多数開催。
山本 立樹   やまもと・たつき  TMAカウンセラー
川口 哲生 大学卒業後、飲食店で料理長としてアルバイト・従業員の社員教育に携わる。労働の在り方に問題意識を持ち、大学院で臨床心理学を学んだ後、東京メンタルヘルス株式会社とカウンセラーとして契約。行政機関と就労支援機関を中心にカウンセリング及び研修を行う。また、クリニックで休職している人を対象にリワーク(職場復帰プログラム)を実施している。
国広 多美   くにひろ・たみ  TMAカウンセラー
国広 多美 1962年東京生まれ。東京メンタルヘルスアカデミー、防衛庁、私立高校、フレンドスペースの心理カウンセラー。他、産業カウンセラー、心理相談員専門分野は、職場のメンタルヘルス&コンサルタント、人間関係全般(上司・部下・夫婦・異性・親子)、介護関係者、教師、不登校とその家族、ひきこもりとその家族など、思春期からサラリーマンまで一般企業に勤める中、人間や心への探究に関心を持ち、心理学を学び続け、現在に至る。(放送大学発達と教育に所属)著書に「誰とでも無理なく話せる雑談力」分担執筆(明日香出版)がある。
植村 和子   うえむら・かずこ  TMAカウンセラー
植村 和子 國學院大学卒業。日本精神技術研究所、山王教育研究所で学び、現在TMAカウンセラー、東武カルチャー講師。 著書に、『本音力』(共著・ロゼッタストーン)、『雑談力』(分担執筆・明日香出版)、『ひきこもり脱出ガイド』(分担執筆・明石書店)、『孤立する妻たち』(分担執筆・宝島社)、他。
藤井 幸子   ふじい・さちこ  TMAカウンセラー
保坂 昌利 日本女子大学卒業、桜楓会カウンセリング研修会でカウンセリングを学び、東洋英和女学院大学大学院人間社会学部臨床心理領域修了。現在、東京メンタルヘルスカウンセラー、精神科クリニックカウンセラーを務める。産業カウンセラー、全信連認定上級カウンセラー、米国クォンタムリーフ社認定NLPコーチ。TMAカウンセラー育成講座講師、産業領域と精神科領域での臨床、芸術療法からのコーチングまで幅広い分野を経験している。
LUA   るあ
藤倉 由香(LUA) 東京生まれ、水瓶座。長年のCGデザイナーを経たのち、当カレッジを通じて占い師に転身。西洋占星術、タロット、ルーン、ダウジング、数秘術などを研究し、オリジナル占術や占い企画を編み出している。雑誌・書籍・WEBなどの各メディアでの原稿執筆と監修を行う。著書『簡単でわかりやすいタロット占い 説話社占い選書』(説話社)、共著『四大占術でみる誕生日大事典』(成美堂出版)など。ウェブサイト『ルーンなおまじない』(資生堂)など、監修コンテンツやアプリも多数。
三浦 佑美枝   みうら・ゆみえ
三浦 かおり 仙台在住。東北を中心に東京・神戸・福岡にて癒しと体験のイベント『虹と光のフェスタ』や各種講座を開催中。数秘を使い誕生日から生まれもった性質や人生テーマを年代別に目指す方向とその時のブロックについてお伝えしてます。また、チャクラやオーラ等、自分で自分のエネルギー調整をし、そこからメッセージを読み解く講座を開催。他に個人セッションとしてタロットやチャクラリーディングを提供。自分の特性を活かし流れを見極めながら毎日を楽しむことで周りをも幸せスパイラルに巻き込むようなサポートを心がけている。
松岡 秀達   まつおか・ひでさと
松岡 秀達 十代の頃から占術に親しみ、卜術では六壬神課を、命術では紫微斗数と四柱推命を中心に研究を行っている。最近は占事略决をはじめとする古い六壬にも興味を持っており、研究成果を『安倍晴明「占事略决」詳解』を岩田書院から上梓した。本書は大学での歴史講義の副読本として採用されたこともある。占術界では異色な工学博士の肩書きを持つ。自ら主催するWebページで占いについての情報発信や紫微斗数をはじめとするいくつかの自作自動占いの公開など、ネットワーク上の活動も行っている。
あまね 理樺   あまね・りか
三浦 かおり スピリチュアルカウンセラー・コーチ・講師。RA.MU主宰。カメラマン・子育て・銀行関連勤務を経て目で見てわかる世界から、見えないけど在る世界へと導かれる。土台となる心理学や現実社会での経験とカードやチャネリングなどの世界観を融合して独自のカウンセリングや講座を開催。ボイジャータロットは縁が深く作者ジェームス・ワンレス氏から直接の教えを頂き、国際認定ティーチャーとなる。日本には3人だけ。自分の本質に戻り自分と結婚できるようフォローアップ。米国クリアサイト認定クレアボヤント・上級ヒーラー。
川口 哲生   かわぐち・てつお
川口 哲生 1957年、千葉県生まれ。早大法学部卒。小学校時代から日本人の顔に神がかり的な興味 を持ち始め独自の研究をスタートさせる。以来50年にわたって"定点観測"を続け、従来の 顔相学とはまったく異なるユニークな理論体系をもとに『カオロジィ』を創り上げた。めんた んぴん(面相探索品評術)おもしろ・顔の人間学、ニッポンカオロジィ、メンズカオロジィ、レデ ィスカオロジィ、ニッポンカオロジィ21等を上梓。某民放テレビ局社員。日本顔学会会員。
小熊 Q太朗   こぐま・きゅうたろう
小熊 Q太朗 東洋運命学研究家 鑑定士。 日本占術協会会員。 司法通訳派遣・司法翻訳会社経営。 25歳の時に父の薦めで、日本の気学の宗祖"園田真次郎師"直系より九星気学を学ぶ。 企業経営者として実業の世界身を置きながら、「気学」をさらに探求し、人の持つ潜在意識への"気付きのツール"として、「気学講座」と「個人鑑定」を開催。東洋運命学の難しい内容を、歴史と漢字の解説を交え、 "目からウロコ"の分かりやすいコラムや講座が好評。

TOPへ


占いと心理の名門スクール アカデメイア・カレッジ